PDCA日記 / PDCA Diary

継続は創造だ! / Continuity is Creation!

PDCA日記 / Diary Vol. 1,725「無駄のない発信のうまさが求められる」/ "Good transmission without waste is required"

English follows Japanese.

PDCA日記 Vol. 1,725「無駄のない発信のうまさが求められる

 

今回紹介する資料「コロナショックと昭和おじさん社会」は、「結局、日本は40年前のままでした。」をキャッチフレーズにしており、「フリーランス礼賛社会の闇」部分の以下のフレーズが印象的でした。

 

「コロナ禍で加速したテレワーク導入により、会社に来ることで評価されていた時代は確実に終わるだろう。

 

フェイス to フェイスで物を売るスタイルは過去の遺物となり、人の機微をつかむコミュニケーションよりSNSを使った無駄のない発信のうまさが求められるようになる。

 

完全な成果主義に移行し、オフィスは縮小され、上司と部下の関係も大きく変わる。

 

奇しくもコロナ禍が、会社消滅を後押しすることになってしまうのだ。

 

だが、同時にコロナ禍で予測不可能な厳しい市場になり、経営者が今こそどんな経営をするか、彼らの経営哲学が問われている。」(引用終わり)

 

それでは、本日もPDCAを回して行きましょう!   

 

PDCA日記が更新されたら通知が欲しいという方がいましたので、そのような場合は Twitter をご利用ください😊https://twitter.com/MPdca 

 

 

P.S. 現在は、「個人がメディアを持てる時代」と言われています。

 

ちなみに、このPDCA日記は、コストをかけることなく、私一人で全ての手続きを行っています。

 

30年前にPDCA日記と同じようなことをする場合、本を出版するか、無料雑誌を創設するなどの方法が必要だったでしょう。

 

その場合、私は出版社や広告代理店に話をして、色々な手数料を支払って、ようやく書籍出版や雑誌発行に至ることになります。

 

実際に発生するコストもそうですが、そこに到達するまでの時間が非常に高額であると私は感じています。

 

過去のPDCA日記で、小林一三阪急電鉄創業者)の「金がないから新しいことができないという人は、どれだけ金があっても何にもできない」という名言を紹介しました。

  


PDCAカフェには、「自分でビジネスを始めたい」という人が結構やってきます。

 

私は「すぐに始めてみてはどうですか」と勧めているのですが、何やかやと理由をつけて、中々始めないケースが多かったりします。

 

ベンチャー企業の役員として経験を積んでから起業したい」という人もいましたが、役員と社長では全く違うため、自分でビジネスを始める方が早いと思います。

 

ビジネスを始める際のポイントは、固定費を下げることです。

 

2016年に私が実践したように、一人で自宅を使ってビジネスを始めれば、必要最小限の生活費分を売り上げるだけで、何とか生き残ることができます。

 

その観点からすると、ブログやSNSを活用してマーケティングを行うことは、非常に理にかなっていると私は思います。

 

< Mr. PDCAのボンジュール英語「発信」 = 「transmission

 

今回出てきた「発信」の英訳は、「transmission」になります。

 

「無駄のない発信のうまさが求められる」を英語で表現する場合、「Good transmission without waste is required」とすればよいですね😊。

PDCA (plan-do-check-action) Diary Vol. 1,725 "Good transmission without waste is required"
 

The material introduced today "Corona Shock and Showa Uncle Society (Japanese only)" has the catchphrase "Japan was still 40 years ago.", and the following phrases in the part "Darkness of Freelance Praise Society" were impressive.

 

"With the introduction of working from home accelerated by the Corona pandemic, the era of being valued for coming to the company will surely end.

 

The style of selling things face-to-face has become a relic of the past, and communication that grasps the subtleties of people is required to be good at transmitting without waste using SNS.

 

The shift to pay-for-performance, offices are shrinking, and the relationship between superiors and subordinates changes dramatically.

 

Strangely, the Corona wreck will support the disappearance of the company.

 

However, at the same time, the market has become unpredictable and harsh due to the Corona, and their management philosophy is being questioned as to what kind of management the managers will do now." (Unquote)

 

Let's function PDCA today!   

 

In case you would like to receive a notice at the time of PDCA Diary post, please utilize Twitter😊. https://twitter.com/MPdca 

プライバシーポリシー・お問い合わせ