PDCA日記 / PDCA Diary

継続は創造だ! / Continuity is Creation!

PDCA日記 / Diary Vol. 1,737「考える前に行動する」/ "Act before thinking"

English follows Japanese.

PDCA日記 Vol. 1,737「考える前に行動する

 

今回紹介する資料「勝負論 ウメハラの流儀」は、「勝ち続けることと単発の勝ちはどう違うのか」を解説しており、「考える前に行動すると感情を支配できる」部分の以下のフレーズが印象的でした。

 

「防御ばかりで前に出てこない相手を見たら、たとえ何やっているんだ、あいつ、という気持ちが湧いたとしても、表には出さないようにする。

 

多少いらついても、態度には出ないように、落ち着いて見えるように心がける。

 

すると、不思議なことが起きる。

 

何度かこうしたことを繰り返すうちに、そもそも本当に腹が立たなくなってくるのだ。

 

最初のうちは、一瞬腹が立つという感情が頭の中に起きたとしても、体を使っては、あるいはコミュニケーションとしては、いらだちを表現しないようにする。

 

すると、不思議に心そのものが穏やかになってしまうのだ。

 

頭や感情は、フィジカルなこととつながっている。

 

普通は頭や感情によって体が制御されているのだが、こうした方法によって、反対に身体から頭や感情を慣らしていくことができる。」(引用終わり)

 

それでは、本日もPDCAを回して行きましょう!   

 

PDCA日記が更新されたら通知が欲しいという方がいましたので、そのような場合は Twitter をご利用ください😊https://twitter.com/MPdca 

 

 

P.S. 過去のPDCA日記で、「『やってみた』は科学で、『やってみたい』は仮説」であることを紹介しました。

 

 

「やってみたい」を「やってみた」にすることで科学になるという発想は、日々のビジネスにおいても、非常に役に立ちそうですね😊

 

上記はビジネスに限らず、プライベートでも応用可能だと私は感じています。

 

私は結構色々な人にヨガを勧めており、「一度ヨガをやってみませんか?」を聞いてみると、二通りの回答が返ってきます。

 

二通りの回答とは、「やってみたい」と「やってみます」です。

 

「やってみたい」と回答する人の多くは、永遠にヨガをやることはないでしょう。

 

ただ、「やってみます」と答えた人に対して、私は「では今週の土日に行きましょう」と具体的な行動を持ち掛けます。

 

ここまですれば、基本的にその人はヨガを体験することになります。

 

ヨガを実際にやってみれば、ヨガに対して「楽しいな」と感じるかもしれませんし、「自分には合わない」と結論付けるかもしれません。

 

「やってみた」後であれば、ヨガに対して「楽しい」か「合わない」かというデータが取れるのです。

 

ビジネスでもプライベートでもデータ収集は重要であり、私は他人から「XXをやってみませんか?」と聞かれた際、基本的には「やってみます」というスタンスで接しています。

 

私の場合、ボクササイズやエアロビクスなどのエクササイズも実際に試してみましたが、「自分には合わない」ことが分かったため、ヨガに特化しています。

 

もちろん、行きたくない場合は「やりません」と答えるようにしていますが、少しでも興味がある場合は行動に移すようにしています。

 

ここでもポイントは、「やってみたい」という表現を使わないことです。

 

つまり、「やってみます」か「やりません」の二択にしておけば、中途半端な状態は避けられるということですね。

 

自分自身を「優柔不断である」と感じている人は、「やってみたい」という表現を使わないようにするとよいかもしれません。

 

ビジネスにおいても、プライベートにおいても、「ひとまずやってみる」という姿勢で取り組めば、実際にデータが取れるため、それに基づいて改善を行い、次のステップに進むことができます。

 

このことを知っておくだけでも、今日からの行動を変えられるかもしれませんね😊

 

< Mr. PDCAのボンジュール英語「感情」 = 「emotion

 

今回出てきた「感情」の英訳は、「emotion」になります。

 

「考える前に行動すると感情を支配できる」を英語で表現する場合、「You can control your emotions by acting before you think」とすればよいですね😊。

PDCA (plan-do-check-action) Diary Vol. 1,737 "Act before thinking"
 

The material introduced today "Battle Theory (Japanese only)" explains "what is the difference between continuing to win and one-shot winning", and the following phrases in the part "If you act before thinking, you can control your emotions" were impressive.

 

"If you see someone who is just defending and doesn't show up in front of you, even if you feel like what you're doing, he shouldn't show up.

 

Even if you get a little irritated, try to look calm so that you don't show your attitude.

 

Then, a mysterious thing happens.

 

After repeating these things several times, I'm really angry in the first place.

 

At first, even if the feeling of getting angry for a moment occurs in your head, try not to express annoyance with your body or as a communication.

 

Then, mysteriously, the mind itself becomes calm.

 

Heads and emotions are connected to physical things.

 

Normally, the body is controlled by the head and emotions, but in this way, the head and emotions can be accustomed from the body." (Unquote)

 

Let's function PDCA today!   

 

In case you would like to receive a notice at the time of PDCA Diary post, please utilize Twitter😊. https://twitter.com/MPdca 

プライバシーポリシー・お問い合わせ