PDCA日記 / PDCA Diary

継続は創造だ! / Continuity is Creation!

PDCA日記 / Diary Vol. 299「比較から離れてみる」/ "Not comparing with others"

English follows Japanese.

PDCA日記 Vol. 299「比較から離れてみる

 
私が金融機関にいた頃、ある日本の銀行では、上と下の名前を省略してつなげる不思議な習慣がありました(「Mr. PDCA」であれば「ピディシエ(?)」、「山田太郎」」であれば「ヤマタロ」のような感じ :-)。

 

普段は余り意識しませんが、人間は名前で呼ばれると嬉しいことが、心理学の研究で確認されています。

 

英語の場合、挨拶の後に名前をつけることがよくあるせいか(例:「How are you, Mr. PDCA?」)、アメリカ人の名前を覚える能力は素晴らしいとニューヨークにいた時にいつも感心していました :-)。

 

今回紹介する資料「夜と霧」は医師であり、心理学者でもあったヴィクトール・フランクルが、自身の強制収容所での生活(例:番号で呼ばれること等)を学術的な観点から分析しており、「肉体的な苦痛よりも精神的な苦痛の方が勝る」と指摘しています。

 

それでは、本日もPDCAを回して行きましょう!   

 

PDCA日記が更新されたら通知が欲しいという方がいましたので、そのような場合は Twitter をご利用ください :-)。https://twitter.com/MPdca 

 

夜と霧 新版

夜と霧 新版

 

 

P.S.「肉体的な苦痛よりも精神的な苦痛の方が勝る」のは、ビジネスでも同じだと考えています。

 

人間関係の悩みや自分ではどうすることもできないような状況が「精神的な苦痛」に該当すると思います。


そのような場合、「仕事を忘れる時間を作る」ことがポイントだと思っています。

 

私の場合はヨガですが、「他人と比較しなくて良い」ことがヨガの良いところです(前職の最後の1年間、私は毎日ヨガに通っていました :-)。

 

資本主義社会では、基本的に比較(価格、機能、ブランド等)で優越がつきます。


ただ、たまには比較から無縁の世界に行くのも良いものです。

 

時には何もせずにゆっくりするというのも、お勧めの方法です。

 

銀行を退職する際、私は2カ月間休暇をとりましたが、あれは本当に素晴らしかったですね :-)。 

 

< Mr. PDCAのボンジュール英語「苦痛」 = 「agony」>

 

今回出てきた「苦痛」の英訳は、「agony」になります。

 

「肉体的な苦痛よりも精神的な苦痛の方が勝る」を英語にする場合、「Mental agony is more painful than physical suffering」とすればよいですね :-)。

 

夜と霧 新版

夜と霧 新版

 

 

 

PDCA (plan-do-check-action) Diary Vol. 299 "Not comparing with others"

 

We are not usually conscious, but it is confirmed by psychology that humans want to be called by name.

 

The material to be introduced today "Man's Search For Meaning" was written by Viktor Frankl, a doctor and a psychologist, who had analyzed his own days in the concentration camp (e.g. Being called by number) from an academic point of view, and he pointed out that "Mental agony is more painful than physical suffering".

 

Let's function PDCA today!   

 

In case you would like to receive a notice at the time of PDCA Diary post, please utilize Twitter :-). https://twitter.com/MPdca  

 

Man's Search For Meaning: The classic tribute to hope from the Holocaust

Man's Search For Meaning: The classic tribute to hope from the Holocaust

 

 

P.S. "Mental agony is more painful than physical suffering" is applicable in business as well, I suppose.

 

In case you are facing challenges of mental agony, making time to forget work would be inevitable.

 

In my case, doing yoga is useful to forget my job, because I do not have to compare with others during yoga lessons :-).

 

In a capitalist world, customers are always comparing with others products (price, function, brand, etc.).

 

Therefore, not comparing with others is necessary from time to time :-).

プライバシーポリシー・お問い合わせ